2015年10月29日

猫の療養食

以前から、じわりじわりとマミィはグルメになっていって
いました。何年か前に獣医さんに言われて、ヒルズサイエンスダイエット
や、それと同じくらいの値段のフードに変えたのですが、
その中でも少し安いフードは吐く回数が多くなり、
吐く事が少ないフードに変えていった結果、割高なフードを
常食する事になりました。食べてくれたらそれでも良いです。

具合が悪くなってからは、そのフードも、ほんのちょっぴりしか
食べなくなりました。高齢だから、肥満には気をつけていたけど、
高栄養のフードを食べて、体力をつけることが先決ですね!

そこで、マミィが入院した病院へ行って、入院中にペロリと
たいらげたという缶詰を購入して来ました。
2種類くらいありました。両方を与えてみましたが、
こちらが、特に良かったみたいです。
dogworld_z-hmfd-001[1].jpg
◆ヒルズ 療法食 犬猫用 a/d 缶詰 156g
※ネットでも購入できるようですね。
犬猫用?犬と同じのでもいいんですかね?と思ったのですが、
良いみたいです。病気で食欲が極端に落ちているときでも、
このフードなら、食べてくれます。
そして、さらに良い事に、病院からもらった薬(抗生物質)を
細かく砕いてこのフードに混ぜると、食べてくれるんです!!

マミィに薬を飲ませる事には、本当に苦労したので、
フードと一緒に食べてくれると、助かります!
療養食1.JPG
マミィは、薬を飲み込んでくれない猫で、シーバを半分に切って、
混ぜても、うまい具合に薬だけペッペッと出してしまって
いたんです。
この療養食の欠点は、食べた直後、少しお口が臭くなる事かしら?
でも、体力をつけてくれるんなら、まぁいいかぁ顔(笑)

ミルク味が好きな猫ちゃんでしたら、こちらのサプリメントも、
お薦めです!猫(笑)
◆イノミキャット
※症状に合わせて他のサプリメントもあります。
ウィルスのキャリア猫さんや、細菌感染の心配のある猫さんにとっては
栄養バランスと同時に粘膜、お腹の健康管理が重要になります。
栄養の吸収から排泄までの間にも、消化に伴うエネルギーの消耗を防ぎ、
効率の良いエネルギーの保管と粘膜とお腹の健康を考えたバランスの良い
栄養食です。

猫って、自分でご飯をもう食べないと決めたら、ずっと食べなく
なっちゃったりするらしいです。具合が悪くなった猫の強制給餌にも、
このサプリメントを使ったりしているようです。(他の方のブログより)
それで、衰弱していたのが、元気を取り戻したという情報も
ありました。

マミィさんも、これを最初は少しペロペロしてくれたんですが、
その後は、もうイヤ!となりました。本当に難しい子です。
もともとあまり食に興味がない子なので、こういうときは、
困ってしまいますね。
療養食2.JPG
色々と出来る限りの事をしていたら、少しずつ少しずつ元気になって
いったような気がします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

ニックネーム マミィ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

富士登山にも酸素水

マミィは、酸素室の中でじっくり酸素チャージ
をしてくれません。でも、苦しそうにゼイゼイ呼吸をする。
とても可愛そうです。何とか他の方法でも酸素チャージ
出来ないものか?と考えました四葉
酸素水1.JPG

そういえば・・・マミィママは、今までに計4回、富士山に登った
事がありますが、空気が薄くなる中、高山病にならずに、
比較的楽に登れたときは、酸素水を持って行き、
飲みながら登ったという事を思い出しましたexclamation

そうだ!マミィの飲み水を酸素水にしてみよう!!
ネットで色々と調べたら、これが良さそうだ!と
思いました。
oxygenizer500[1].jpg
こちらで購入できます↓
高濃度酸素水オキシナイザー

届きました!
酸素水2.JPG

マミィさん、酸素室と酸素水で、しっかり酸素チャージ
しようね!
酸素水3.JPG

いつもの飲み水の容器に入れたら、普通にゴクゴクと
飲んでくれましたよ。心なしか、少しずつ元気になっていった
ような気がします。

酸素水については、理論的に効果があるとか無いとか、
色々な説がありますが・・・実感としては、富士登山の時に、
飲みながら登ったら本当に楽だったんです。
食べる酸素というタブレット状のものも、登山用品の店に
売っていますが、これも、効果があったような気がします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
ニックネーム マミィ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

猫の血液型について

結局しませんでしたが、マミィの輸血の話が出たので、
ここで、猫の血液型の話をしたいと思います。
私も、その話が出るまで猫には、どんな血液型があるのか?
全く知りませんでしたが、今回の事があってから急遽、
色々と調べてみました。

猫の血液型は、この3種類があるそうです。
【猫の血液型】

1)A型 
2)B型 
3)AB型


A型の猫(3パターン)
「A型遺伝子+A型遺伝子→A型」, 「A遺伝子+B遺伝子→A型」, 「A型遺伝子+AB型遺伝子→A型」

AB型の猫(2パターン)
「B型遺伝子+AB型遺伝子→AB型」, 「AB型遺伝子+AB型遺伝子→AB型」

B型の猫(1パターン)
「B型遺伝子+B型遺伝子→B型」


 
各遺伝子の力関係は「A>AB>B」です。
すなわち「A型遺伝子」と「B型遺伝子」が共存する場合は
「A型遺伝子」が優性になって「A型」になり、
「AB型遺伝子」と「B型遺伝子」が共存する場合は
「AB型遺伝子」が優性になって「AB型」

輸血の場合は同じ血液型同士でないと、拒絶反応を起こしてしまう
可能性があるので、事前に検査をする必要があります。

猫の住んでいる国によっても、血液型の分布が違うようです。
「生息場所と猫の血液型」
blood-type5[1].png
このデータは、1986年のもので古い情報なので、現在は、この分布も、
変化している事が予想されますが、日本の猫は圧倒的にA型の猫が、
多いようです猫(足)

ひらめき注意しなくてはいけない事は、血液型が同じでも、
時として拒絶反応が起こることがあるそうです。
血液に含まれる「Mik」という新たな抗原が、
輸血に際する拒絶反応に関係していることがわかってきました。
同じ血液型同士でも「交差試験」によって凝集反応が出ないことを
確認しておくことも必要となります。

マミィの輸血の事を聞いた時に、交差試験をして問題が無ければ・・
と獣医さんが言っていた事を思い出しました。これは、どの病院でも、
すぐに出来るのか?少し疑問です。マミィを連れて行ったところは、
設備が整っているので、何でも出来るのでしょう。


色々と調べていて、びっくりした情報が・・
B型の母猫から生まれたA型の仔猫が母猫の母乳を
飲むと死んでしまう事があるそうです。

「新生子溶血」
A型の子猫の血液には、A抗原をもった赤血球が含まれている。
B型の母猫の初乳の中には、血液中の血漿成分が含まれてる。
すなわちA抗原を異物とみなすA抗体が含まれている。
A型の子猫がB型の母猫の初乳を飲んでしまうと、
A抗原をもつ赤血球(子猫自身の血液)と、
そのA抗原を異物とみなすA抗体(母猫の初乳)とが同居してしまう。
A抗原とA抗体がニアミスを起こすと、
ちょうど異なる血液型同士を混ぜ合わせたときのように、
抗体が赤血球を異物とみなし、排除しようとする。


野良猫の場合は、救う事が困難ですが、保護した母猫を出産させ、
面倒をみている場合は、この異変に気が付いたら、
すぐに母猫と隔離して、獣医さんの指示に従う必要がありそうですね。

パソコン詳しい情報はこちらのHPに載っています↓
猫の血液型

猫の血液型.JPG
これは猫の血液型じゃなくて、猫のケツ型。
殆どお肉がありませんが、毛がふわふわしていて、
お尻もカワイイ顔(イヒヒ)ものですね揺れるハート


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
ニックネーム マミィ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする